Style Life

BED ROOM

“Style”のあるベッドルームで快適な眠りを・・・

お家の中でもっともリラックスできる空間 = ベッドルーム(寝室)をもっとスタイルあるものにしてみませんか?

スタイルとはその人の心の持ちよう・・・ スタイルを身に付けるには莫大な富も貴重な所有物も必要ありません。
毎日の生活にスタイルがあれば、身の回りのものと調和しながら快適に暮らしていける雰囲気を作り出すことができます。

そしてベッドルームの印象は、カーテンやベッドリネン・カバーリングのセレクトで大きく変わります。
さらに照明、香りのコーディネートでワンランク上のスタイルあるベッドルームを手に入れましょう!

Style1 Coordination

ベッドルームではベッドが部屋の中心となります。
フォーマルなイメージのベッドルームであろうと、カジュアルなベッドルームであろうと、リネンファブリックの使い方次第で、高級感のある洗練された雰囲気や暖かくて居心地のよい雰囲気を作り出すことができます。
そのポイントはベッド回りのカバーリングとファブリックの色合せ、質感に隠されています。

カラーで合わせる!

テーマ別で合わせる!

Lancetti カバーリングシリーズ

スノーグースいちおし商品(カバーリング)

ページの先頭に戻る

Style2 Lighting

きちんと計算して置かれた照明はどんなに味気ない印象の部屋でも一変させます。
では、ベッドルームにはどんな照明があうでしょうか。

ベッドサイドで本を読んだり、ベッドでくつろいでDVDを見たり、など目的によっても異なりますがベッドルームには頭上から部屋を照らす照明より、壁や床から天井に向かって照らすアップライトがお勧めです。

お部屋の中をやわらかな光が反射して、心地よい空間にすることができます。

照明はお部屋の雰囲気づくりにとても重要な、奥の深いインテリアです。
興味のある方はぜひ照明に関する本も読んでみてください。

 

「光の家具」照明   坂川 栄治 (著)  [TOTO出版]

この本の筆者は本の装丁デザインをお仕事としている方。
”あかり”に関する経験や知識が綴られていますが、決して専門的ではなく「なるほど」と思ってしまうお話やステキなアイデアがたくさんつまっています。
これを読むとシェイドランプが欲しくなってしまうかも!?

 

Lighting Creative Planning for Successful Lighting Solutions
Elizabeth Wilhide (著), Ray Main (写真)

インテリアのヒントが詰まったとてもきれいな写真集。
真似したくなるような素敵な空間がたくさん・・・ 照明が大好きになりそうな1冊です。

 

Sensual Home Ilse Crawford (著), Martyn Thompson (イラスト)

照明の本ではありませんが、ライフスタイルとインテリアのエッセンスを盗みたい!と思わせる本です。
心安らぐ場所、くつろぎぎの空間・・・「家」なのだと再認識させてくれます。

ページの先頭に戻る

Style3 Fragrance

くつろぎのベッドルームにもうワンポイント!心もカラダもリラックスするルームフレグランスを活用してみてはいかがでしょうか。

香りの好みは様々ですが、ベッドルームにおすすめなのはハーブやフレグランスキャンドルなどのリラックスできる香り。
ポプリを枕元においてほのかに香らせるのもオススメです。

また、お手軽な香りの楽しみ方としてエッセンシャルオイルをお湯に数滴たらして置いておくのもよいでしょう。
アロマポットを持っていない場合や、火を使わずにアロマセラピーを楽しむ方法でもあります。

お手軽に気分転換

・ルームスプレー

・インセンス(お香)

・フレグランスキャンドル

おすすめフレグランスキャンドル

A.P.C パフュームキャンドル

A.P.C パフュームキャンドル

心地良い眠りを誘う!

ラベンダーの香りはリラックス効果と快適な眠りをもたらしてくれます。

ファーム富田

 

お気に入りの”香り”を見つける

エッセンシャルオイルには、高品質のハーブを原料にしたピュアなオイルや、自然の恵みだけを使ったボディケアオイルやスキンケアシリーズなど、素敵な香りの製品がたくさんあります。
気分を明るくしたり、リラックスしたい時には「オレンジスイート」
気持ちを落ち着けたい時には「カモミール」
深いリラックスや安眠には「ラベンター」 etc・・・

お気に入りの香りを見つけたら快適ライフのはじまりです。

 

※エッセンシャルオイル(精油)は引火性です。
用量を守り、火気には十分注意したうえで楽しみましょう。

※子供や妊婦がいるお部屋では”香り”が強くなり過ぎないよう十分配慮しましょう。

ページの先頭に戻る